カーナビと連動してカーブでの運転をサポート…日産 フーガ 新型に採用

日産自動車は24日、カーナビゲーションとエンジン、ブレーキ、ステアリングの統合制御によって、カーブ走行時にドライバーの運転をサポートする2つのシステムを開発したと発表した。

エコカー 燃費
カーナビと連動してカーブでの運転をサポート…日産 フーガ 新型に採用
  • カーナビと連動してカーブでの運転をサポート…日産 フーガ 新型に採用
  • カーナビと連動してカーブでの運転をサポート…日産 フーガ 新型に採用
  • カーナビと連動してカーブでの運転をサポート…日産 フーガ 新型に採用
日産自動車は24日、カーナビゲーションとエンジン、ブレーキ、ステアリングの統合制御によって、カーブ走行時にドライバーの運転をサポートする2つのシステムを開発したと発表した。このシステムは、今秋発売予定の新型『フーガ』に搭載される。

今回開発した技術は、カーナビからの情報をもとにカーブ進入時にドライバーのアクセル操作とブレーキ操作をサポートする「カーナビゲーション協調機能付インテリジェントペダル」と、カーブ走行中の車両挙動に応じてアクセルおよびブレーキ制御を行う「アクティブスタビリティアシスト」で、それぞれドライバーの快適な運転を支援する。

カーナビゲーション協調機能付インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)は、2007年12月に現行のフーガに採用された車間距離維持支援システム「インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)」とカーナビを組み合わせることで、地図データより取得した前方のカーブ情報に応じてアクセルペダルに反力を発生させ、戻す操作を支援するというもの。ドライバーがアクセルを離すと、滑らかに減速制御を行う。カーナビとアクセルペダル、パワートレイン、ブレーキを統合制御したカーブ走行時の運転支援システムは、世界で初めて。
 
また、アクティブスタビリティアシストは、ブレーキやステアリング、エンジンを統合制御することで車両の横滑りを防止する安全装置「ビークル・ダイナミクス・コントロール(VDC)」のシステムを応用し、車両の動きを滑らかに制御することで、ドライバーが安心して運転を楽しめることを目指した。具体的には、コーナリングスタビリティーアシスト機能、左右制動力配分機能、ブレーキ効き感向上機能を持ち、ドライバーの意思どおりの「効きが良い」と感じられるブレーキフィールを提供するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集