ブリヂストン、コミュニケーションスペースで環境テーマの展示

自動車 社会 行政
ブリヂストン、コミュニケーションスペースで環境テーマの展示
  • ブリヂストン、コミュニケーションスペースで環境テーマの展示
ブリヂストンは9日、本社ビル(東京都中央区京橋)1階のコミュニケーションスペースをリニューアルし、同社の環境に関する技術や商品、活動を紹介する展示を開始した。

こうした展示によって同社の環境への取り組みについての理解を深めてもらうとともに、環境について考えるきっかけとしてもらうのが目的。
 
展示テーマは「タイヤが切り開く未来」で、タイヤを軸にした同社の環境への取り組みを、地球から拡がる一枚の葉をイメージしたディスプレイで紹介する。
 
また、燃費改善に貢献する「ECOPIA」ブランドタイヤや再使用する「リトレッドタイヤ」を展示する。同社が国際自動車連盟と共同で全世界で展開している環境啓発活動「MAKE CARS GREEN」キャンペーンも紹介する。
 
展示期間は8月下旬まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集