初公開 レクサス LF-A ニュル24時間耐久仕様

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
初公開 レクサス LF-A ニュル24時間耐久仕様
  • 初公開 レクサス LF-A ニュル24時間耐久仕様
  • 初公開 レクサス LF-A ニュル24時間耐久仕様
  • 初公開 レクサス LF-A ニュル24時間耐久仕様
レクサスは20日、21 - 24日にドイツで開催される「第37回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦する『LF-A』の写真を初公開した。

LF-Aは、レクサスブランドのフラッグシップとして開発中のプレミアム2シータースポーツ。ボディサイズは全長4530×全幅1880×全高2605mm、ホイールベース2605mm。最大出力500psを発生する4.8リットルV10エンジンをフロントミッドに搭載する。

レクサスは昨年のニュルブルクリンク24時間に、LF-Aで初参戦。ドライバーには清水和夫氏、中谷明彦氏、木下隆之氏、飯田章氏の4名を起用。結果はオイル漏れや後輪ハブボルト破損のトラブルの影響で、150台中121位だったが、完走は果たしている。

2回目となる今回の参戦は、前回と同じく、24時間耐久レースという過酷なモータースポーツから得られるノウハウを、市販仕様にフィードバックするのが狙い。また、若手メカニックを中心にチームを結成し、人材の育成にも役立てる。

ニュル参戦マシンは、LF-Aの試作車をベースに、大型ウイングなどのエアロパーツやロールケージを追加。ボディパネルには、軽量なCFRP(カーボン繊維強化樹脂)を採用する。昨年のマシンと比較して、メカニズムやボディに大きな変更はないが、ボディカラーはつや消しブラック1色から、ホワイト+ブラックの2色に変更されている。

LF-Aは、GAZOO Racingチームから、エンジン無改造の「ディビジョン2 SP8」カテゴリーに出走。今年は2台体制となっており、トヨタのニュルにかける意気込みが感じられる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集