【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
  • 【ジュネーブモーターショー09】VW、環境に優しいブルーモーションを積極展開
フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショーで『ブルーモーションテクノロジー』を発表した。環境に優しいエンジンを積むモデルを指す新ブランドの位置づけで、主力車種に設定される。

『ゴルフ』には新グレード「ブルーモーション」を用意。1.6リットル直4ターボディーゼルの「TDI」(105ps、25.5kgm)を搭載。アイドリングストップ機能や回生ブレーキを装備し、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmを実現する。

『ゴルフプラス』にも「ブルーモーション」を用意。基本的にゴルフと共通の1.6リットル直4ターボディーゼルの「TDI」で、欧州複合モード燃費23.3km/リットル、CO2排出量114g/kmを実現する。燃料タンク容量は55リットルで、満タンで約1100km以上走行できる足の長さも魅力だ。

『パサートCC』には「ブルーTDI」を設定。2.0リットル直4ターボディーゼルの「TDI」(143ps)を積む。SCR(選択触媒還元)を採用して、排出ガス中のNOX(窒素酸化物)を低減させた。欧州複合モード燃費は19.2km/リットル、CO2排出量は139g/km。トランスミッションは6速DSGで、最高速度214km/hを誇る。

『トゥーラン』(日本名:『ゴルフトゥーラン』)には「TSIエコフューエル」をラインナップ。ターボ&スーパーチャージャーの1.4リットル直4「TSI」(150ps、20.8kgm)エンジンの天然ガス仕様車だ。CO2排出量126-129g/kmという環境性能の高さが売りとなる。

フォルクスワーゲンはブルーモーションテクノロジーをフルライン展開していく方針。もちろん、今回のジュネーブでワールドプレミアを飾った新型『ポロ』にも、欧州複合モード燃費30.3km/リットル、CO2排出量87g/kmという『ブルーモーションコンセプト』を設定し発表した。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集