【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
  • 【ジュネーブモーターショー09】シトロエン DS…ビッグネームが復活へ
シトロエンは5日、コンセプトカー『DSインサイド』の概要を明らかにした。小型車ながら高級サルーンに匹敵する上質感を備えた小さな高級車を提案する。

1955年に登場したシトロエン『DS』は、シトロエンの名車中の名車として有名な存在。流線形の未来感覚あふれたフォルムにハイドロサスペンションなど、画期的な技術を導入。時代を先取りした高級車だった。1975年までの20年間の累計生産台数は約145万5000台に到達し、高い人気を誇った。

34年ぶりに復活するDSは、シトロエンの名車に敬意を払いつつ、同社のラインナップ中の高級レンジの意味で、その名前が使用される。シトロエンはMPVシリーズを「ピカソ」という名称でリリース。1999年に『クサラピカソ』、2005年に『C4ピカソ』を投入している。ピカソと同様に、シリーズ名としてDSは用いられる。

DSインサイドはコンパクトボディでありながら、高いクオリティを備えているのが特徴。ボディは3ドアのハッチバックで、太いBピラーやワイドなフェンダーが力強い印象だ。グリルやドアミラーなどには、アクセントとしてクロームメッキがあしらわれる。

欧州ではここ数年、大型車から小型車に乗り換える顧客が増加中。シトロエンは「DSインサイドは経済性、知的な雰囲気、走る喜びを備え、オーナーのプライドを満たす小さな高級車として開発した」と、そのコンセプトを説明している。

DSインサイドは3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。シトロエンはDSシリーズを2010年から発売する計画だ。市販時には小型車、中型車、大型車の3種類が用意され、車名は『DS3』、『DS4』、『DS5』になるという。今回発表されたDSインサイドは、DS3としてデビューを飾るものと思われる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集