スズキ アドレスV125G と アドレスV125Gリミテッド を一部改良

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ アドレスV125G と アドレスV125Gリミテッド を一部改良
  • スズキ アドレスV125G と アドレスV125Gリミテッド を一部改良
  • スズキ アドレスV125G と アドレスV125Gリミテッド を一部改良
スズキは、原付2種のスクーター『アドレスV125G』、『アドレスV125Gリミテッド』を日本国内の新排出ガス基準に対応させるとともに、装備を変更するなど、一部改良して12月8日から発売する。

今回の両モデルの改良では、新排出ガス基準である2007年国内新排出ガス基準に対応した。また、装備でも発電機のマグネトを変更することで、より安定した発電容量を確保した。メーターパネルのデザインを質感を高めたものへ変更、シャッターキーの形状も変更し、操作性の向上を図った。

アドレスV125Gリミテッドは、装備の追加として、冬期の運転時に寒気をやわらげるため、新たにシート座面を温める「シートヒーター」を標準装備とした。このシートヒーター(フロントのみ)はサーモスタットによる自動温度制御式で、「オン」、「オフ」の切り替えが可能だ。
 
価格はアドレスV125Gが25万7250円、アドレスV125Gリミテッドが27万8250円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集