【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久

試乗記 国産車

【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
  • 【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
  • 【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
  • 【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
  • 【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
  • 【VW パサートCC 試乗】セダンを連想できない…金子浩久
4ドアの4シーターなのに、低い屋根と傾斜の強い前後ウインドガラス。セダンなのに、クーペのようなスタイリングが、『パサートCC』の一大特徴だ。古くはトヨタ『カリーナED』、最近ではメルセデスベンツ『CLS』などが同じコンセプトで人気を博していた。

パサートCCは、セダンの『パサート』を連想できないほど、スタイリングにオリジナリティを発揮している。明るめのボディカラーならば、鮮やかな印象は一層強まるだろう。
 
2リッター直噴ターボエンジンが非常に好印象だ。低回転域から太いトルクが湧き出ていて使いやすい。タッチがキメ細かく、荒々しいところがどこにもない乗り心地もとても上質。3.6リッターV6版もあるが、2リッター版がお勧め。セダンのボディ違いではなく、パサートCCはセダンよりも上質な走りっぷりとパーソナル感覚を楽しめる別のクルマと考えた方が納得がいく。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

金子浩久|モータリングライター
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。
《金子浩久》

編集部おすすめのニュース

特集