【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之

試乗記 国産車

【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
  • 【ホンダ フィット 試乗】疑問もあるが不満はない…木下隆之
販売的に大成功した初代『フィット』と基本コンセプトに違いはない。だがそれだけに、すべての点で確実に進歩しているのが特徴だ。

エンジンは1ランクアップ。パワー感も強くなった。操縦安定感も1ランクアップ。これまででは危うかったような旋回でも、安心して曲がり終えることができる。プレーキも、室内の広さも、またしかり。さらに積載性についても……。というように、すべての要件で一段高い次元に到達しているのである。

全体的にサイズアップしたことも貢献しているのだが、そのいっぽうで肥大化への疑問もある。だが、走ってみて、使ってみて、すべてにおいて不満がないのである。この手のコンパクトな国民車は、それでいいのかもしれない。

■5つ星評価
パッケージング: ★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

木下隆之|モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

特集