【カーナビガイド'08夏】MapFanナビークル「リルートや細街路に強い。よく磨き上げられたナビ」…神尾寿

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【カーナビガイド'08夏】MapFanナビークル「リルートや細街路に強い。よく磨き上げられたナビ」…神尾寿
  • 【カーナビガイド'08夏】MapFanナビークル「リルートや細街路に強い。よく磨き上げられたナビ」…神尾寿
  • 【カーナビガイド'08夏】MapFanナビークル「リルートや細街路に強い。よく磨き上げられたナビ」…神尾寿
  • 【カーナビガイド'08夏】MapFanナビークル「リルートや細街路に強い。よく磨き上げられたナビ」…神尾寿
◆カーナビライクでシンプルなUI

メニューや目的地検索、ルート設定のプロセスも、いい意味で“ケータイコンテンツらしく”ない。一般的なカーナビと同じく、地図上からメニューを呼び出していく方式で、ケータイコンテンツを使い慣れた人よりも、カーナビの操作に慣れた人の方が直感的に理解できるだろう。

ケータイナビであるナビークルならではのこだわりと見受けられるのが、メニュー項目がよく絞り込まれていることだ。一度に大量のメニューや情報を表示するのではなく、トップメニューにはよく使う項目だけ表示し、細かな選択肢はサブメニューから順番に選んでいく対話方式をとっている。イメージとしては、パソコンのソフトウェアインストールや設定などでよく見かける「ウィザード方式」に近い。

例えば、ルート設定で見てみると、まずトップメニューから「探す」で目的地を検索し、次々に現れる対話型のメニューで、「有料道路を使う」か「有料道路を回避する」のかを選んでいく。こういった設定の仕方は、携帯コンテンツ的なUIの作り方とやや異なるのだが、カーナビやパソコンに慣れた人ならば、むしろこちらの方が使いやすいだろう。


◆素早いリルート、細い道でもしっかりナビ

さらに実際に使ってみて驚くのが、“カーナビとしての基本性能”がとても高いと言うことだ。

それが顕著に感じられたのが、ワザとルートを外してみた時の「リルート性能」。ここでナビークルは他のケータイナビよりも早くに“ルートを外れた”と判断し、即座にルート再計算を開始。リルートをすばやく終えた。ルートを外れたときの見切りのよさ、再計算のスピード、そして何事もなかったかのように新しいルートで案内する振る舞いなど、どれも自然で違和感がない。ルートを外れたときは、案内をするパッセンジャーも案内を受けるドライバーも焦りやすい。ここでサクッとリルートをしてくれるのは、使いやすいだけでなく、安全面でも高く評価できるところだ。

また、もうひとつ注目なのが細街路でのふるまいだ。筆者は都内でテストしたのだが、ナビークルは細い一方通行が入り組んだ場所でもしっかりとルートを引き、間違った路地に飛び込めばきちんとリルートをする。他のケータイナビだと、細街路ではきちんとルート案内やリルートが行われないケースが目立ったが、ナビークルは基本性能の高い据え付け型カーナビのように、細街路でもきちんと案内をする。ナビゲーションやマップマッチング用のアルゴリズムが、とても優秀であると感じた。


◆基本機能が優秀。そこが魅力

MapFanナビークルは、一般的なカーナビはもちろん、他のケータイナビと比べて満艦飾の“機能てんこもりナビ”ではない。ストイックなくらい「道案内の道具」に徹しており、シンプルな作りだ。しかし、実際に使ってみれば、機能こそシンプルだが、よく磨き上げられた「使いやすいカーナビ」が掌の上に現れる。基本機能が優秀で、とても使いやすいのだ。

ケータイナビでも、今までのカーナビと変わらない使い勝手やクオリティを。そう考える人にとって、MapFanナビークルは最適な選択肢と言えるだろう。

BACK機能紹介カーナビゲーションの証言TOPへ
《神尾寿》

編集部おすすめのニュース

特集