ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更
  • ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更
  • ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更
  • ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更
  • ホンダ CRFシリーズ…グラフィックデザインを変更
ホンダは、オフロード走行専用車『CRF50F』『CRF70F』『CRF80F』『CRF100F』のグラフィックデザインを変更し、24日に発売すると発表した。

今回、CRFシリーズ(CRF50F/70F/80F/100F)は、ホンダのウイングマークを基調としタンクシュラウドのグラフィックデザインを変更する。

シルバーのストライプをデザイン全体に取り入れ、「CRF」のロゴマークをシュラウドカバーの中心部に配することで、シャープでより存在感のあるデザインを目指した。また、エクストリームレッドを採用した車体色に加え、シートの座面とシート側面を同系色のレッドとすることで、車体全体のカラーリングを鮮やかなレッドに統一、精悍でよりアグレッシブなイメージを表現した。

さらに、フロントバイザーの「HONDA」ロゴをレッドに、シート両サイドとリアフェンダーに施している「HONDA」ロゴをホワイトにし、同社の上級モトクロッサーを想起させるモデルとしている。

価格は16万5900 - 25万3050円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集