【洞爺湖サミット】環境総合展08…アイシングループ7社が出展

エコカー 燃費

アイシン精機は、アイシングループの7社が6月19日から21日に札幌ドームで開催される「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」に共同出展し、アイシングループの環境への取り組みを紹介する。

会場では、アイシングループの環境方針のほか、環境にやさしい製品や技術、生産活動における環境負荷の削減事例など8種類の展示を行う。

展示するのはイムノメジャーPCB測定システム(アイシン精機)、絶縁油中のPCB濃度を測定するための前処理装置(アイシン精機)、高性能排気モジュール(アイシン高丘)、速乾水性高防錆塗料(アイシン化工)、4WDハイブリッドトランスミッション(アイシン・エィ・ダブリュ)、オートメーテッドマニュアルトランスミッション(アイシン・エーアイ)、電子制御式ブレーキシステム(アドヴィックス)、工業用水のリサイクル(アイシン北海道)。

アイシングループは、自動車産業に関わる企業として、地球の温暖化や大気汚染、廃棄物の処理などの環境問題を本質的な課題と捉え、今後もその解決に積極的に取り組んでいくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集