【株価】米国株安で金融不安再燃に対する警戒

自動車 ビジネス 株価

全体相場は4日ぶりに反落。米国株安で金融不安再燃に対する警戒感が台頭し、外国為替市場で円安が一服したことから輸出関連株が売られた。円相場が1ドル=104円台前半まで強含んだことを嫌気し、自動車株は全面安となった。

大手3社がそろって反落。トヨタ自動車が前日比70円安の5400円と反落。日産自動車が20円安の925円、ホンダが120円安の3490円と4日ぶりに反落した。スズキ、ダイハツ工業は続落。

こうした中、三菱自動車工業、いすゞがしっかり。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集