【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも
  • 【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも
  • 【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも
  • 【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも
  • 【ダイハツDOPナビ08】車種ごとのイコライザー設定がある専用モデルも
ダイハツDOP(ディーラーオプション)ナビのうち、同社専用モデルとなる『NHDC-W58』は「特に力を入れたモデル」と担当者が語るほど。インパネのカラーに合わせた3色のバリエーションを設定するだけでなく、ダイハツ車ごとのイコライザーも設定している。

NHDC-W58は40GB容量のハードディスク(HDD)に、ワイドVGAモニターとワンセグチューナーを組み合わせたクラリオン製のモデル。

4月下旬に発表されたクラリオン『クラスヴィア NX708』に近いスペックだが、ダイハツ側の担当者は「そのまま持ってきたわけではなく、弊社のリクエストに基づいた仕様となっている。向こう(クラスヴィア)が有していない機能も入っており、内部の構造としてもキメラ的な存在です」という。

カラーバリエーションはガンメタ、ピンク、パールホワイトの3種を用意。インパネ色に合わせたチョイスもできる。

興味深いのは車種ごとのイコライザー(EQ)を設定したこと。オーディオメニュー画面から車名をチョイスするだけで、そのクルマにあった音場を作り出すことが可能となった。これは08モデルの中でもNHDC-W58だけの機能だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集