【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド

12日に発表された、トヨタ『アルファード』新型と、新型車『ヴェルファイア』。180cm+&90kg+の大柄記者が乗り込んで、いつもと違うなと感じたのは、シートの前後のスライド具合。

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者…シートスライド
12日に発表された、トヨタ『アルファード』新型と、新型車『ヴェルファイア』。180cm+&90kg+の大柄記者が乗り込んで、いつもと違うなと感じたのは、シートの前後のスライド具合。

多くの車が、外国での販売も考慮しているからか、シートを目一杯後退させると、記者ですらステアリングに手が届かなくなるほどになるが、今回は異なっていた。目一杯後退させて、ちょうど記者のベストポジションという具合。

特に欧米人など、記者よりも上背があるか、足がもっと長い人だと窮屈に感じるかも知れないが、国内およびアジア地区がターゲットだそうなので、それほど問題はなさそうである。

後退量が少ない分、前方には思った以上にスライドするようになっている。これは、とにかく1列目を前に出すことで、シートアレンジのひとつとして、1列目と2列目をフラットにして3列目にまでつなげられるように設計されているからだ。室内長は3160mmもあるので、これなら誰だろうと足を伸ばせるという具合である。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集