【株価】米金融政策の見極めムード強く、薄商い

自動車 ビジネス 株価

模様眺め気分が強く全体相場は4日ぶりに反落。米金融政策の行方を見極めたいとのムードが強く、薄商いの中を利益確定の売り、戻り待ちの売りに下げる銘柄が目立った。円相場は1ドル=111円台の動きとなったが自動車株はほぼ全面安。

日産自動車が前週末比3円安の1260円と反落。ダイハツ工業、富士重工業やいすゞ、日野自動車工業などがさえない。

こうした中、ホンダが10円高の3880円と続伸し、スズキが10円高の3460円と小幅高。トヨタ自動車は6340円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集