トヨタ、昭和シェルなど、FTD / GTL燃料の公道試験を開始

エコカー 燃費

トヨタ自動車、昭和シェル石油など5社は4日、合成液体燃料のFTDを使用する車両の公道走行試験を開始したと発表した。トヨタ輸送が保有する車両積載用トラックを使用し、愛知県豊田市のトヨタ本社と同社の東富士研究所間を走行する(一部既報)。

FTD燃料は、いわゆるGTL(ガス・トゥー・リキッド)で、ディーゼルエンジンに適した燃焼特性と、硫黄分、アロマ分を全く含まないという特性を持つ。ディーゼル車の排ガスのクリーン化に大きく寄与すると期待される。また、天然ガスや石炭、バイオマスから製造可能。インフラも既存のものを利用できることから、軽油の代替燃料として有望視されている。

公道走行試験には、トヨタ、昭和シェル石油のほか、英シェル・インターナショナルペトロリアム、日野自動車、豊田通商が参加。08年3月まで実施する。

トヨタ、昭和シェルなどはFTDの有用性に着目。交通安全環境研究所とともに、05年10月から「次世代低公害車両開発・実用化促進プロジェクト」を推進している。

同プロジェクトでは、FTD専用車両の開発とともに、すでに市販化されている車両への使用が可能なことを確認する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集