普通トラック販売、シェアが大きく変動…11月

自動車 ビジネス 企業動向

トラック業界がまとめた11月の普通トラック販売台数は、前年同月比12.8%減の6724台となり、依然として大幅マイナスとなった。

メーカー別では、日野と日産ディーゼルが前年を上回り、いすゞ、三菱ふそうが低迷した。日野は同4.1%増の2305台となり、シェアは前年同月と比べて5.6ポイントアップし、34.3%となった。日産ディーゼルも同15.6%増の984台と順調だった。

これに対して、三菱ふそうは同36.8%減の1454台と大幅マイナスで、シェアは前年同月と比べて8.2ポイントダウンの21.6%だった。いすゞも、同15.5%減の1984台と落ち込んだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集