【WRCラリージャパン】ランエボX がコースカーとして登場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【WRCラリージャパン】ランエボX がコースカーとして登場
  • 【WRCラリージャパン】ランエボX がコースカーとして登場
  • 【WRCラリージャパン】ランエボX がコースカーとして登場
  • 【WRCラリージャパン】ランエボX がコースカーとして登場
三菱自動車は、26−28日に北海道十勝地方にて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第14戦兼FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第6戦「ラリージャパン」のコースカーとして、『ランサー エボリューションX』のグループN仕様を出走させる。

コースカーは、競技車両が出走する直前に走行してコース状況の最終確認を行う車両で、そのゼッケン番号から“ゼロゼロカー”、“ゼロカー”と呼ばれる(競技車両はゼッケン1から)。“ゼロゼロカー”は競技車両の30分前、“ゼロカー”は15分前に出走する。

ランサーエボリューションXのグループN仕様は、三菱自動車技術開発本部モータースポーツ部とラリーアートが共同開発。

ボディの随所に補強を施してロールゲージを装着したことにより、標準車よりも剛性・強度を大幅に向上。サスペンション周りやブレーキ関係にはラリー専用パーツを装着し、駆動系にはラリーアート社製パーツを装着した。また、トランスミッションはドグクラッチ式クロスギヤに変更する予定となっている。

外観では、アンダーガード、フロアガード、タンクガード、マッドフラップのほかグラベル(未舗装路)用のタイヤ&ホイールを装着。内装では、ステアリングホイール、バケットシート、5点式シートベルトなどを装着した。

なおコースカーの特別装備として、パトライト、サイレン、拡声器が装着される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集