【リコール】ホンダ シビックなどの制動灯スイッチと速度計

エコカー 燃費
ホンダは『シビック』や『シビックハイブリッド』、『ストリーム』など3車種の制動灯スイッチと、速度計に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

05年8月から07年1月までに生産された6万3099台が対象。テレスコピック機構に塗布する潤滑剤の量が多すぎて、潤滑剤の油分が制動灯スイッチにつくものがある。そのためスイッチ接点の発熱で接点部に絶縁物が生成され、制動灯などが点灯しなくなり、シフトレバーがパーキング位置から動かなくなる恐れがある。

また、速度計の制御コンピュータープログラムが不適切で、速度計が作動しなくなる恐れもある。
《》

編集部おすすめのニュース

  • 8月新車販売3団体…マイナス続く、ホンダが5位転落 画像 8月新車販売3団体…マイナス続く、ホンダが5位転落
  • ホンダ フィット 新型…エモーショナルデザインになる 画像 ホンダ フィット 新型…エモーショナルデザインになる

特集