【株価】サブプライムローン対策発言で輸出関連に買い

自動車 ビジネス 株価

米国株高、円高一服を好感し、全体相場は大幅続伸。米大統領がサブプライムローン(信用度の低い消費者を対象とした住宅ローン)の問題について対策を講じると発言したことで、輸出関連株中心に幅広く買いが入った。円相場が1ドル=116円円台に下落したことを好感し、自動車株は全面高。

トヨタ自動車が前日比240円高の6760円と反発。日産自動車が33円高の1114円、ホンダが160円高の3820円と反発した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集