【自主改善】日産 セレナ オートステップで電気配線が不適切

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は30日、『セレナ』のオートステップに不具合があるとして国土交通省に自主改善を届け出た。05年12月から07年2月までに生産された車両のうちの152台が対象。

ディーラーオプションで販売されたオートステップを装着した場合、車両側に追加した電気配線が不適切なものがある。そのために自動式前照灯照射方向調整装置が作動しない恐れがある。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集