トヨタ、レース専用ハイブリッドを開発 十勝24時間レース

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタ、レース専用ハイブリッドを開発 十勝24時間レース
  • トヨタ、レース専用ハイブリッドを開発 十勝24時間レース
トヨタ自動車は15日、7月14−16日にかけて北海道の十勝インターナショナルスピードウェイで開催されるスーパー耐久シリーズ第3戦「十勝24時間レース」に、レース専用ハイブリッドカー、「スープラHV-R」で参戦すると発表した。

トヨタは昨年の同レースに、メーカーとして初めてハイブリッドカーで参戦、市販車ベースのレクサス『GS450h』で総合17位完走した。今回は、昨年までSUPER GT(スーパーGT)に参戦した「スープラGT」をベースに車両を開発、レース専用ハイブリッドシステムを搭載する。

システムは、後輪用のモーターに加え、前輪にインホイールモーターを配置し、4輪回生・力行を採用した。ブレーキ時により大きなエネルギーを発生する前輪にエネルギー回生システムを組み込み、レース走行の特徴である、高速域からの急減速で発生するエネルギーの回収効率向上を図った。

同様に、急な加減速が連続するレース走行の特徴を踏まえ、蓄電装置に、二次電池よりも充電時間の短いキャパシタを採用した。

エンジン形式は総排気量4480cc、最高出力480ps以上、最大トルク52kgm以上。モーターは前輪に最高出力10kWのものを左右それぞれ搭載、後輪駆動用には最高出力150kWのものを搭載する。車両重量は1080kg以上。

チーム名はTOYOTA team SARD。ドライバーは平中克幸、アンドレ・クート、飯田章、片岡龍也の4名。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集