BMW X3がドイツ誌読者投票でオフロード カーオブザイヤーに

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

BMW X3がドイツ誌読者投票でオフロード カーオブザイヤーに
  • BMW X3がドイツ誌読者投票でオフロード カーオブザイヤーに
  • BMW X3がドイツ誌読者投票でオフロード カーオブザイヤーに
BMWグループは、ニューBMW『X3』が『Off Road』誌の読者投票で2度目となる第1位を獲得したと発表した。2位に大差をつけ、BMWのコンパクト・スポーツ・アクティビティ・ヴィークル(SAV)が2007年のオフロード・カー・オブ・ザ・イヤーとなった。

X3は2006年夏に発表されたが、SUVクラスにノミネートされた他の14台の中で、24.2%の得票数を獲得した。さらにニュー『X5』も、高級SUV部門で17.2%の得票数を獲得し第3位となった。

2006年、全世界のX3の販売台数は前年実績を3.0%上回る11万3997台だった。ドイツ国内だけでも2万3000台以上を販売し、オフロード車セグメントで10.3%のシェアを獲得した。

X3とX5合わせて、オフロード車セグメントで15.0%のシェアを獲得した。

『Off Road』誌の読者投票は1982年から毎年行われており、ドイツで最も人気のあるオフロード車を決定している。今回の合計投票数は5万6448票。

さらにミュンヘンで行われた授賞式でBMWは、ドイツの四輪自動車協会(DAV)から2007年の賞を付与された。DAVは全国の四輪自動車のライダーやオーナーが加盟する団体で、インテリジェント4輪駆動システムの「xDrive」の開発でBMWが実証した高度な技術スキルやノウハウが高く評価された。

BMWでは2007年にxDrive搭載モデルを過去最高の26モデルに増やす。xDriveが標準装備されたX5とX3のほかにも、現在では『3シリーズ』、『5シリーズ』のセダン、ツーリング、さらには『3シリーズ・クーペ』でもオーダーが可能(ドイツ仕様)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集