【ジュネーブモーターショー07】三菱、欧州向けアウトランダーを出品

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー07】三菱、欧州向けアウトランダーを出品
  • 【ジュネーブモーターショー07】三菱、欧州向けアウトランダーを出品
三菱自動車は、2007年3月6日から18日まで、スイス・ジュネーブのパレクスポで開催される第77回ジュネーブ国際自動車ショーに、オンロードSUV『アウトランダー』の欧州仕様を発表するとともに、次世代高性能4WDスポーツセダンのコンセプトカー『プロトタイプ-X』を参考出品する。

今回、欧州で発表するアウトランダーは、2005年10月に日本で、2006年からは北米市場、中国市場で発売しており、今回、欧州市場に投入することで、世界の主要な自動車マーケットで販売されることになる。

欧州向けアウトランダーは、欧州の市場ニーズに適合させ、プジョーから調達する2.2リッターディーゼル、フォルクスワーゲンから調達する2リッターのディーゼルターボエンジンをラインアップする。

また、プロトタイプ-Xは、2007年1月に米国 デトロイトで開催されたデトロイトモーターショーに出品されたコンセプトカーであり、2007年度に発売を予定している新型『ランサーエボリューション』に向けてのスタディだ。

一方、三菱自動車では、1917年から、当時の三菱造船で日本初の量産乗用車である『三菱A型』の生産が始まり、今年はその90周年にあたるため、ジュネーブモーターショーでは、その『三菱A型』(レプリカモデル)も展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集