三菱ふそう、リコール関連業務に改善指示

エコカー 燃費

国土交通省は31日、三菱ふそうトラック・バスのリコール関連業務について改善指示した。同社が以前に行ったリコールで、同日に対象車種を追加する届け出があった。

同省では選定車種の誤りによる対象車の追加に対してこれまでも同社を指導し、再点検を指示してきたが、再点検で問題なしとされていたリコールで追加のリコールが発生したことから改善を指示した。

三菱ふそうは31日、96年11月から02年11月に生産された「ふそう」(288台)のブレーキホイールシリンダーに不具合があるとしてリコールを届け出た。04年9月にリコールが行われたもので、対象車種の選定に誤りがあったため追加届け出した。

同社にはこれまでも対象車両の抽出漏れなどで対象車を追加するリコールが複数あり、05年7月には改善対策を提出した。しかし、その後も同様の案件が頻発し、06年3月には再発防止策が報告されていた。ところが、これらの過程においても対象車の選定誤りが起こったことから、発生原因の再検証と選定漏れの再度の徹底確認などを指示した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集