【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
  • 【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
  • 【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
  • 【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
  • 【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
  • 【日産 スカイライン 新型発表】ゴーンCEOの スカイライン より大事な約束
日産自動車の新型『スカイライン』の発表会は11月20日、まず午前10時30分に新聞記者などを対象に行われ、販売計画や戦略についての質疑応答が交わされた。

午後1時30分にはその他のマスメディア、フリーランスジャーナリストを対象に、2回目の発表会が行われた。こちらは質疑応答はなく、かわりにテレビCFに出演する俳優の渡辺謙さんを招き、トークショーが行われるなど、和みムード。

近年、日産の顔として持てはやされてきたのは、ほからなぬカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)だ。決算発表や懇談会だけでなく、さまざまな新型車の発表会場でも、大きな身振り手振りを交えたパフォーマンスを披露するなど、半ばタレント化している。が、スカイラインの発表会で挨拶に立ったのはゴーン氏ではなく、志賀俊之COO(最高執行責任者)。

ある日産関係者は「スカイラインは日本専用のブランドということで、あえて日本人でという考えもあった」と語る。もちろんCOOであれば、新車発表のホストとしての重みは充分とも言える。

が、スカイラインは単なる新型車であるだけでなく、低落した日本市場における販売台数、ブランドイメージの復活の狼煙となるべき重要な車種。スカイライン50周年を迎える来春から1年間をスカイラインイヤーと位置付け、キャンペーンを計画するなど、PRにも力が入っている。

日産の“顔役”として振る舞ってきたゴーン氏がそのスカイラインの発表の場、とりわけ経団連記者クラブを対象とする午前の会見にも顔を見せなかったことには、いぶかる声が少なからず上がった。

別の日産関係者によれば、当日午前はゴーン氏のスケジュールが詰まっていたため、出席できなかったとのこと。新型車、それも日産のイメージリーダーモデルの発表会より大切なスケジュールが、一体何だったのかということについては知るよしもない。

初代「GT-R」で名をあげた通称「ハコスカ」スカイラインのキャッチフレーズに「愛のスカイライン」というものがあったが、日産プロパー社員の思いとは裏腹に、ゴーン氏のスカイラインへの“愛”は薄い?
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集