【インプレ'06】日下部保雄 三菱『アウトランダー』 健康的なSUV

試乗記 国産車

【インプレ'06】日下部保雄 三菱『アウトランダー』 健康的なSUV
  • 【インプレ'06】日下部保雄 三菱『アウトランダー』 健康的なSUV
復活ミツビシの旗頭が、昨年登場した『アウトランダー』。『エアトレック』の後継だが、新世代エンジンを搭載し、得意のAWDとすることでアクティブなSUVとしてのポジションを確立した。

乗り心地はやや硬めだが、ダンピングはシッカリしており、不快な乗り心地ではない。また最低地上高が高いので、悪路でも気兼ねなく走れるのはミツビシらしい。フロアは高く、全高が押さえられているので、座高の高い人にとってはやや圧迫感を感じることがある。

AWDシステムは、ダイヤル操作だけの簡単さで走行モード切替が可能。普段はオートにしておけば路面状況に応じてFFからAWDに自動的に切り替わってくれる。安定性は高く、ハンドリングも素直なところがアウトランダーらしいところだ。

エンジンはトルクがあって使いやすいが、後方排気もあって加速時のノイズは大きいほう。もう少し押さえたいところでもある。3列シートの利便性など、楽しさはかつてのミツビシ車の伝統が現れている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

編集部おすすめのニュース

特集