【インプレ'06】松下宏 レクサス『LS460』 控えめこそが個性

試乗記 国産車

【インプレ'06】松下宏 レクサス『LS460』 控えめこそが個性
  • 【インプレ'06】松下宏 レクサス『LS460』 控えめこそが個性
『LS460』のよさというかスゴさは簡単には書き切れない。

基本的には初代モデル以来の特徴である静粛性や滑らかさといった、レクサスブランドの持つ特別な価値をしっかり確保しながら、走りの性能をより高めたきたことと、数々の電子制御技術による高い安全性の確保などが特徴。

きめ細かな配慮に基づく心配りの行き届いた仕様や、匠の技によって入念に作り込まれた内装なども見逃せない。

静かで滑らかな走りは今回のモデルでも際立っている。ちょっとアクセルを踏み込んだつもりでもすぐに高速域に達しているし、8速ATの滑らかな変速フィールは、いつの時点で変速しているのかを感じさせないほどにスムーズだ。

それがゆえに味が薄いともされがちなレクサスだが、こうした控えめな味付けこそが東洋人が、日本人が作るクルマであると主張すればよい。欧米のメーカーのクルマがなかなか持ち得ないレクサスならではの価値といえるからだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集