【インプレ'06】松下宏 三菱『eKワゴン』 必要じゅうぶんのキャラ

試乗記 国産車

【インプレ'06】松下宏 三菱『eKワゴン』 必要じゅうぶんのキャラ
  • 【インプレ'06】松下宏 三菱『eKワゴン』 必要じゅうぶんのキャラ
三菱自動車の主力軽自動車。『i』で意欲的なクルマ作りに取り組んだ三菱だが、コスト重視の主力モデルである『eKワゴン』では、従来からのFFプラットホームに基づく一般的なクルマ作りで対応してきた。しかも外観イメージからパワートレーンに至るまで、従来のモデルを継承したクルマであることがよくわかる。

走らせた印象もいかにも軽自動車といった感じのもの。騒音や振動などは従来のモデルに比べて改善され、一定程度に熟成が進められたといえるのだが、アクセルを踏み込めば安っぽい音が室内に入ってくる。足まわりも柔らかめの設定で、コーナーではグラッとくる感じ。ABSをオプション装着にしたグレードがある点も大いに不満である。

後席左側のスライドドアはひとつのアイデアではあるが、室内空間が制約を受けるなどのデメリットもある。5万円高で買えるならスライドドア装着車がお勧めだが、無条件でよい点ばかりではない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集