【歴代 カローラ 物語】5代目80系…FF&FR、ふたつのプラットフォーム

80年代になると、コンパクトカーにFF化の波が押し寄せてくる。初代モデルからよきライバルだったマツダ『ファミリア』もFF2BOXに生まれ変わった。83年5月、5代目の『カローラ』がベールを脱いだ。80系と呼ばれるカローラの特徴は、2タイプの駆動方式を採用したことである。

自動車 社会 社会
80年代になると、コンパクトカーにFF化の波が押し寄せてくる。初代モデルからよきライバルだったマツダ『ファミリア』もFF2BOXに生まれ変わった。83年5月、5代目の『カローラ』がベールを脱いだ。「80系」と呼ばれるカローラの特徴は、2タイプの駆動方式を採用したことである。

スポーティモデルのレビンと兄弟車のトレノは気持ちいい走りを満喫できるように従来どおりのFR方式を、セダンに代表されるファミリー系モデルには広いキャビンスペースを得やすいFF方式を採用した。

FRライトウエイト・スポーツのレビンは、エレガントな2ドアクーペと3ドアのハッチバッククーペを設定する。エンジンを横置きにレイアウトしたFF車は定番の4ドアセダンと新たに加わった5ドアハッチバックだ。

FFのファミリー系モデルは1.3リッターの「2A-LU」型をボトムに、1.5リッターの「3A-LU」型、電子制御燃料噴射装置のEFIを採用した1.6リッターの「4A-ELU」型、そして1.8リッターの「1C-L」型ディーゼルを揃えている。ミッションは4速MT、5速MT、3速ATに加え、上級グレードに電子制御4速ATを採用した。FF車のサスペンションは前後ともストラット方式だ。

今なお「ハチロク」と呼ばれて親しまれている「AE86」型レビン1600GTも新エンジンに換装している。「2T-GEU」型に代わる新しい心臓は、1.6リッターの4A-GEU型4気筒DOHC4バルブだ。FR駆動のレビンには1.5リッターの「3A-U」型SOHCエンジンを積むムード派グレードも用意されていた。

世代交代を無事に成し遂げたカローラは、84年2月にFFファミリアに対抗するため、FF2BOXの『カローラFX』を市場に放っている。

2BOX上級生のキャッチフレーズで登場したカローラFXは、リアエンドを大胆に切り詰めた個性的なフォルムだ。3ドアと5ドアのハッチバックを設定し、ホッテストバージョンの「1600GT」は、横置きに「4A-GELU」型4気筒DOHCを積んでいる。このDOHCエンジンはセダンの「1600GT」にも搭載された。
《片岡英明》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース