【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車

自動車 ニューモデル 新型車

【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
  • 【D視点】フォード マスタング…ハッピーな青春の車
1
 青春時代の夢を現実に、ラストチャンス

終戦直後、進駐していたアメリカ兵にもらったチョコレートの味を覚えている子供は、アメリカびいきが多い。筆者も『マスタング』と聞くと、つい血が騒いでしまう。

新型マスタングの予約受付が6月23日より開始されたが、発売は今秋。敢えて先行お披露目するからには「相当な自信作ではないか」と、期待も膨らむ。

気になるデザインだが、クラウチングスタイル、ロングノーズとショートデッキ、サイドのスクープ、3連テールランプ、そして独特のフロントマスクと、初代マスタングの主要なアイコンが再現されており、歴代の中で初代を最も強く意識したモデルであることが判る。

シャープなグラフィックスのパーツ類と直線的で硬質な面構成のボディは、ひところのイタ車のような雰囲気もあり、初代の伝統を引き継ぎながらアーキテクチャーを一新するとの狙いは、一応達成されている。

クーペとコンバーチブルの2車型で、寸法は全長4765mm×全幅1880mm×全高1385mm(クーペ)。スクエアなスタイルは大きく見えるが、寸法的には日欧のクルマと比べて大差なく、価額も390万−530万円とリーズナブルだ。5速オートマチックトランスミッションと組み合わせたエンジンは4.6リットルV8と4リットルV6が用意され、それぞれ300馬力と210馬力を発生するので走りにも不足はない。

かんなで削り取ったスタイルで40年の若返りを計ったわけで、桐箪笥のリニューアルほどには上手くいっていないものの、戦中派にとっては青春時代の夢を現実にするラストチャンスであろう。アメリカン・スペシャリティだけではなく広くアメ車の復活を望むのは、単にアメリカのカーメーカーのみではない気がする。

D視点:デザインの視点
筆者:松井孝晏(まつい・たかやす)---東京造形大学教授、デザインジャーナリスト。元日産のデザイナーで、社会現象となった『Be-1』をプロデュースした。

《松井孝晏》

編集部おすすめのニュース

特集