日産 スカイライン 新型は「ハイ レスポンス」エンジン

自動車 ニューモデル 新型車

日産 スカイライン 新型は「ハイ レスポンス」エンジン
  • 日産 スカイライン 新型は「ハイ レスポンス」エンジン
日産自動車は5日、今秋発売予定の新型『スカイライン』に搭載する新世代「VQ」エンジンの名称を決定したと発表した。

新世代VQエンジンの名称は、排気量3.5リットルの場合、「VQ35HR」となる。HRは「高回転」(High Revolution)および「際立ったアクセルレスポンス」(High Response)を意味する。

日産が発表した主な仕様は:
●新設計シリンダーブロック。ラダーフレームを追加し、大幅に剛性を高めた。
●左右完全対称吸排気システム
●世界初の水素フリーDLC(Diamond Like Carbon)コーティングによりフリクションを低減。
●吸気カム側の油圧VTCに加え、排気カム側に電磁VTCを設定。
●等長エキゾーストマニホールド

これらにより7500rpmまで軽く滑らかな吹け上がりを実現、クラストップレベルの環境性能と高出力、大トルクを両立させたという。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集