日産「VQ」が10ベストエンジン受賞 14年連続

自動車 ビジネス 企業動向

日産「VQ」が10ベストエンジン受賞 14年連続
  • 日産「VQ」が10ベストエンジン受賞 14年連続
  • 日産「VQ」が10ベストエンジン受賞 14年連続
日産自動車は、同社の「VQ37VHR」エンジン(3.7リットルV6エンジン)が米国ワーズ社のワーズ「10ベストエンジン」賞を受賞したと発表した。日産のVQエンジンは今回の受賞で、本賞が1995年に開始されて以来、世界で唯一14年連続の受賞となった。

今回の受賞は、米国で販売されているインフィニティ『G37クーペ』に搭載されるVQ37VHRエンジンが評価された。VQ37VHRエンジンは、VVELを採用したエンジンで、日本では日産『スカイラインクーペ』に搭載されている。

VQ37VHRエンジンのVVELは、アクセルペダルの踏み込み量に応じて、エンジンの吸気バルブの作動角とリフト量を連続的に可変制御し、吸気バルブで直接吸入空気量をコントロールする。さらにC-VTCと組み合わせることで、バルブのリフト量・作動角・位相の全てをコントロールすることができ、バルブタイミングとリフト量の自在な制御が可能となる。これにより、吸気抵抗の低減や吸入空気の応答性を飛躍的に向上させ、動力性能の向上と低燃費、クリーンな排出ガスを高次元で両立すると、している。

「10ベストエンジン」賞授賞式は、北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)に合わせ、デトロイトで現地時間の2008年1月16日に行われる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集