車種別盗難比率、第1位はトヨタ「ランクル」

自動車 ビジネス 企業動向

警察庁がまとめた自動車盗難対策の進ちょく状況によると、2004年の車種別自動車盗難台数で、盗難比率が最も高かったのは、トヨタの『ランドクルーザー』だった。1000台あたり、8.8台が盗難被害にあっており、03年よりも1.7台増加した。

車種別の盗難比率は、盗難台数が1000台を超えた車種を対象に割り出している。04年の2位は、トヨタ『ハリアー』で、1000台あたり7.6台、3位は同『RAV4」で5.4台、4位同『セルシオ』で4.5台と、上位にトヨタ車が並んだ。ハリアーとRAV4は、03年は盗難台数が1000台未満だったのに、06年は1000台を超え盗難台数が増加した。

03年に1000台あたり10.1台が盗まれた、トヨタ『アリスト』は、盗難台数は減少したが、盗難比率は7.4台。日産『シーマ』、ホンダ『インテグラ』は、04年は盗難台数が1000台を下回ったが、盗難比率は5.3台、4.7台と高かった。

自動車盗難件数は、イモビライザなど盗難防止装置の普及で徐々に減少している。ただ、特定の車種では、盗難比率は相変わらず高い状況にある。

■自動車保険料を払いすぎていませんか? 
自動車保険一括見積りはこちらから。

自動車保険一括見積りのURLをメールで送る
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集