【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案
  • 【東京モーターショー05】ダイハツ SKツアラー…セダン再提案

軽ミニバン風のワンモーションフォルムだが、実際は軽セダン並みの低車高ボディという参考出品車、ダイハツ『SK-Tourer』(SKツアラー)。SKとはSohKai=爽快を表している。タウンユースばかりでなく、ロングドライブもこなすツアラーの資質を持つ軽自動車というコンセプトを提案する。

ツアラーに求められる資質、“爽快”なフットワークを実現するため、全高を同社の軽セダン『ミラ』より50mm、『ミラアヴィ』より80mm低い1450mmまで下げ、低重心化をはかっている。タイヤサイズは175/50R16と、軽クラスを超えた大径&ロープロファイル。エンジンは3気筒12バルブDOHCターボだ。

車高は低いが、2440mmのホイールベースと、コンパクトに設計されたエンジンルームの恩恵で、居住感はこれまた“爽快”。インテリアはラウンド形状で包まれ感を演出する。シートは長距離ツーリングも快適にこなす大型コンフォートシート。大型グラスルーフも“爽快”さの演出に一役買う。

軽乗用車のメインストリームは今や、すっかりトールワゴンにシフトしており、軽セダンは傍流に追いやられている。「走行性能やデザインの自由度など、軽セダンならではのメリットを生かせば、トールワゴンと違った魅力を出せるということを提案したかった。ぜひ会場で多くの方々に見ていただきたい」(ダイハツ関係者)。

《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース