車いすごと運転できるダイハツ ミラ、軽自動車初

自動車 ニューモデル 新型車
車いすごと運転できるダイハツ ミラ、軽自動車初
  • 車いすごと運転できるダイハツ ミラ、軽自動車初
ダイハツ工業は、軽自動車では初めてとなる、車いすごと運転席に乗り込める自操式福祉車両専用車『ミラ・セルフマチック』を11月14日から発売すると発表した。
 
ダイハツの福祉車両「フレンドシップシリーズ」の2004年度の販売台数は4217台で、全軽福祉車両の44.4%のシェアを獲得している。新型車追加で、ラインナップを拡充する。
 
ミラ・セルフマチックは、軽乗用車「ミラ」をベースに、専用車いすと自動乗り込み装置を採用し、車いす利用者自ら運転席に乗り込み、好きな場所へ行くことができるクルマとして、同社が培ってきたスモールカー技術を活かして開発した。軽自動車のジャンルで、より幅広い人に「運転する楽しさ」「自在に移動できる楽しさ」を味わえるクルマとした。
 
具体的には、保安基準に適合した専用車いすと自動乗り込み装置の採用で、専用車いすごと運転席への乗車を実現した。車いすから運転席への移乗および、車いす積み込みの負担を解消した。
 
自動乗り込み装置はリモコン操作とし、シンプルな手順での乗車を実現した。手順はリモコン操作で自動乗り込み装置を乗車位置まで下降し、専用車いすを自動乗り込み装置のユニット中央位置まで後退させセットする。
 
リモコン操作で自動乗り込み装置を上昇、専用車いすの前輪・後輪が自動的に上がり、運転席位置まで回転し、運転席位置にセットされた状態で外側車輪を手動により後方へ移動することで、運転操作が可能となる。
 
また、約90度まで開くドアにより、スムーズな乗降を実現したほか、コンパクトな自動乗り込み装置により、ベース車ミラの特長である広々とした室内を活かしながら、4人乗車を実現した。一人ひとりの障害の程度や状態に合わせた運転補助装置を選んで付けることも可能だ。
 
価格はベース車の約100万円アップの200万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ダイハツ ムーヴ と ムーヴカスタム の福祉車両もマイナーチェンジ 画像 ダイハツ ムーヴ と ムーヴカスタム の福祉車両もマイナーチェンジ
  • ニッポンレンタカーサービス、「福祉有償運送」のニーズに対応 画像 ニッポンレンタカーサービス、「福祉有償運送」のニーズに対応
  • 【新型ダイハツ『ミラ』写真蔵】魅力を解剖する…写真14点 画像 【新型ダイハツ『ミラ』写真蔵】魅力を解剖する…写真14点
  • ダイハツ、紫外線による除菌装置を開発---近隣医療機関等への無償貸与開始 画像 ダイハツ、紫外線による除菌装置を開発---近隣医療機関等への無償貸与開始

特集

おすすめのニュース