米国サービス満足度、リンカーンが2年連続トップ

自動車 ビジネス 企業動向

米国サービス満足度、リンカーンが2年連続トップ
  • 米国サービス満足度、リンカーンが2年連続トップ
JDパワーアジア・パシフィックが25日発表した2005年米国サービス満足度調査によるとフォード・モーターの「リンカーン」が2年連続で過去最高点をマークし、トップとなった。同調査は25年目となるが、2年連続でのトップは初めてという。

2位はGM(ゼネラル・モーターズ)の「キャデラック」、3位は同じくGMの「サターン」だった。日本車はトヨタ自動車の「レクサス」が4位で最高位だった。

上位はサターンを除いて高級車で占められ、日産自動車の「インフィニティ」は5位、ホンダの「アキュラ」は8位だった。調査は新車購入後3年間のアフターサービスについて調査、9万9550人から回答を得た。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集