【インプレ'05】河村康彦 トヨタ『ヴィッツ』 立派に成長したぶん、個性が薄くなったような…

試乗記 国産車
【インプレ'05】河村康彦 トヨタ『ヴィッツ』 立派に成長したぶん、個性が薄くなったような…
  • 【インプレ'05】河村康彦 トヨタ『ヴィッツ』 立派に成長したぶん、個性が薄くなったような…
初代モデルに比べると、随分と“鼻の下”が伸びた感じのマスクとグンと増した塊感が特徴的な新型。ドアの閉まり音が重厚になったいっぽうで、フロントドアの開閉時の重さにはちょっとビックリ。

リアシートでの居住性は高まったけれど、ボディサイズがグンと拡大されているのだからこれは当然か。リアワイパーに間欠モードが備わらないのは、初代モデルからの悪しき伝統…。

CVTの助けもあって街乗り加速力は1リッターモデルでもほぼ不満ナシの水準ながら、3気筒特有の振動とノイズは気にし出すと、やはり気になるもの。そんな面からオススメできるのはやはり1.3リッターモデルのほう。こちらであればクリープ現象が弱いことを除くと、より大きな排気量のAT車から乗り換えてもさほどの違和感はなさそう。

スポーティグレードの『RS』の走りは、MT仕様でもあまりに個性がなく何ともツマラナイ。



■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集