ヤマハ、モトGPに伝統のカラーで参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヤマハ発動機は、7月10日に米カリフォルニア州ラグナセカで開催されるモトGP世界選手権第8戦で、「ゴロワーズ・ヤマハ・チーム」のバレンティーノ・ロッシ選手とコーリン・エドワーズ選手が『YZR-M1 50th アニバーサリーUSエディション』で出場すると発表した。

YZR-M1 50th アニバーサリーUSエディションは、創業から50年継承してきたヤマハのレース活動とフィロソフィーを最新のモトGPマシンに表現したファクトリーマシン。

イエローベースのカラー&グラフィックを採用した。77年設立のヤマハモーターコーポレーションU.S.A.の前身のY.I.C.(ヤマハインターナショナル社)がレースシーンで採用していたカラーリング。

その後78−80年世界選手権500ccで3連覇を達成した『YZR500』、さらに70年代後半から80年前半にかけてAMAロードレースやスーパークロスで活躍したヤマハレーシングマシンに採用されてきた。

ヤマハのレース活動を象徴するカラーリングとして広くファンから支持されており、今回のモトGPでアピールする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集