スバル フォレスター STI バージョンを改良

自動車 ニューモデル 新型車

スバル フォレスター STI バージョンを改良
  • スバル フォレスター STI バージョンを改良
  • スバル フォレスター STI バージョンを改良
富士重工業は、スバル『フォレスター』に「STIバージョン」を改良設定して5月6日から発売すると発表した。

STIバージョンは、ピュアスポーツSUVを目指して開発したモデルで、ゆとりのあるトルクと高出力の両立を図った。2.5リットル水平対向4気筒DOHCターボエンジン、6速トランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用した。

また、専用のフロントバンパー&グリルやバケットシート、通常のフォレスターと比べて30mmローダウンした170mmの最低地上高とともに、内外装ともにスポーティさを表現した。

STIバージョンは、2004年2月にラインナップ追加したモデルで、今回シフトセレクトストロークの最適化やステアリングギアボックスの取り付け構造の変更など、商品力を強化してあらためて設定した。

価格は311万8500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集