【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
  • 【東京モーターショー04】新型プレマシーを日本公開
東京モーターショーのプレスデイ、マツダブースではマスコミを集めたプレスブリーフィングおいて新型『プレマシー』を発表した。

プレスブリーフィングの壇上で井巻久一社長兼CEOは「このモーターショーのマツダブースのテーマは、“ズームズームを分かち合おう”です。これはマツダが2002年よりテーマとしているズームズームを、商用車や福祉車両にも展開しようというものです」

「近年、商用車ビジネスは厳しい状況におかれておりますが、マツダの商用車部門は国内販売の15%を占めており、大きな柱のひとつです」と商用車もマツダの販売上大きなビジネスであることを解説。

そしてブリーフィング終了時には井巻社長自ら「今回のモーターショーの目玉です。最も新しい“ズームズーム”なクルマです」と、壇上に置かれた2台の新型プレマシーを紹介した。

壇上に置かれたプレマシーはパリショーで紹介された欧州仕様の左ハンドルではなく、国内仕様の右ハンドル。2台用意されたうちの1台はエアロパーツをまとったスポーツグレード。

新型プレマシーの見所は「6+1」(シックスプラスワン)と呼ばれるパッケージング。これは「カラクリシート」と呼ばれる、通常はセパレートシートのセカンドシートが簡単にベンチシートに早変わりするシートアレンジ。このアレンジは随時会場でもデモンストレーションが行われるので、見逃せないコーナーだ。
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース