【東京モーターショー04】日産はフェアレディZにも福祉車両

自動車 ニューモデル モーターショー

日産では東京モーターショーに、数多くの商用車と様々な福祉車両を出品する。商用車では新コンセプトの『キャラバン・ボックス・イン・ボックス』など、ユニークなモデルから、大型トラックまで展示する予定。

福祉車両では「ライフケアビークル」名と付けた、ユーザーニーズに合わせた3タイプの福祉車両を用意している。東京モーターショーでは、その3タイプ全ての福祉車両を様々なモデルで見ることができる。

9月に発売されたばかりの『ティーダ』や、『ティーダ・ラティオ』といったニューモデルを福祉車両に仕立てたモデルも登場するので、その仕上がりも気になるところ。普段は触れることの少ない福祉車両や、大型トラックの運転席からの眺めを体感できるチャンスだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集