ニュー・ウィリアムズ「FW26」、テストで絶好調

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニュー・ウィリアムズ「FW26」、テストで絶好調
  • ニュー・ウィリアムズ「FW26」、テストで絶好調
  • ニュー・ウィリアムズ「FW26」、テストで絶好調
バルセロナで合同テストを行っている8チーム。中でもニューマシン「FW26」に乗ったウィリアムズが好調を維持している。前20日に引き続きラルフ・シューマッハが新コースレコードとなる1分15秒620でトップタイム。

同じくFW26のフアン・モントーヤが僅差で2位につけた。この日から新たに参加したニコ・ロズベルグも「FW25」で79ラップを走破。14人中7位とまずまず。

3位にはルノー改良型「R23B」のフェルナンド・アロンソ。先頃フェラーリとの契約を更新したばかりのルーベンス・バリケロが今回のテストからコクピットに復帰。「F2003-GA」でタイヤとニューエンジンのテストを行った。

この日が初登場となったのがジョーダンのバス・レインダース。インストレーションラップでいきなりコースオフ。修理に6時間が費やされ、計17ラップしかできず、苦いF1初体験となった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集