トヨタ『ハリアー』、一部改良とアルカンターラ特別仕様

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は、『ハリアー』を一部改良するとともに特別仕様車240G“ALCANTARAバージョン”、300G“ALCANTARAバージョン”を設定して7日から発売した。

今回の改良では、オプション設定のDVDボイスナビゲーション付EMV(エレクトロマルチビジョン)を最新モデルとし、情報ネットワークサービスG-BOOKへの対応を可能にした。

特別仕様車は「240G」、「300G」をベースに、シート表皮&ドアトリム表皮に「アルカンターラ」を採用するとともに、「アルカンターラ」仕様の専用車検証入れを特別装備した。

また、G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付(EMV)、音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター、パワーバックドア(挟み込み防止機能付)、オートレベリング機能付ディスチャージヘッドランプなどを特別装備した。 価格は特別仕様車の240GベースのFFが299万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集