【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
  • 【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
  • 【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
  • 【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
  • 【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
  • 【会田肇が解説】ケンウッドHDD『HDX-710』…スカイクルーズ&ココセコム
●好評機能を好評機種に

ケンウッドは同社の『HDZ』シリーズに搭載して大好評となっていたセキュリティコントロールシステム「スナイパーズ・アイ」に対応したHDDナビ『HDX-710』を10月下旬より発売した。

この機能は、セコムが行うセキュリティサービス「ココセコム」と連携して、車両の不正な移動をセンサー機能で監視し、移動が行われた場合には測材に携帯電話経由でココセコムのオペレーションセンターに異常信号を送信。その状況をオーナーに連絡するというものだ。

ここ数年、車両盗難事件が激増している中、この機能への関心はたいへん高かったと見られるが、フタを開けてみるとカーナビとしての人気はHDZシリーズよりも同時に発表したHDX-700の方が高かった。そこで、今回はそのHDX-700に「スナイパーズ・アイ」機能を新たに追加したというわけでだろう。

実際にこの「スナイパーズ・アイ」を利用するとなれば、ココセコムとの契約が必要となり、専用キットの購入や加入料、6カ月分の前払い基本料金も必要となる。決してその負担は小さくないのだが、車両盗難で不安を覚えている人にとっては大きな安心感となるかも知れない。


2/5●スカイクルーズビューきれい、使える
3/5●HD容量アップで「MUSIC CELLAR」さらに便利
4/5●タッチパネル改良
5/5●信頼と定評の「Zactionmecha」
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

  • ケンウッド、ココセコム機能搭載HDDナビ『HDX-710』をモデルチェンジ 画像 ケンウッド、ココセコム機能搭載HDDナビ『HDX-710』をモデルチェンジ
  • 【ケンウッド秋冬モデル】『HDX-700』…モニター立ち上げ「ザクションメカ」、逆転の発想 画像 【ケンウッド秋冬モデル】『HDX-700』…モニター立ち上げ「ザクションメカ」、逆転の発想
  • 【ケンウッド秋冬モデル】夢の実写ナビ「スカイクルーズビュー」に謎の5都市 画像 【ケンウッド秋冬モデル】夢の実写ナビ「スカイクルーズビュー」に謎の5都市
  • 【ケンウッド秋冬モデル】便利かも…ココセコム対応ナビ『HDZ-2570iTS』 画像 【ケンウッド秋冬モデル】便利かも…ココセコム対応ナビ『HDZ-2570iTS』

特集

おすすめのニュース