トヨタのパーソナルモビリティが国立競技場の警備で実用化

セコムは10月4日、広域エリアの巡回警備の効率化と警備員の負担軽減を図るため、トヨタ自動車が発売したパーソナルモビリティ『C+ walk T(シーウォークティー)』を常駐警備サービスに導入すると発表した。まず東京の国立競技場の警備で実用化する。

セコムは、トヨタ自動車と連携してパーソナルモビリティを活用した巡回警備の活用に向けて、大型ショッピングモール、スタジアムなどで実証実験を実施し、効果を検証してきた。この結果、実際の巡回警備にパーソナルモビリティを活用することで、周囲への犯罪抑止効果の向上や高い視点から広範囲を確認できるといった効果を確認した。加えて、巡回警備時間を約3割短縮できるなど、警備の効率化と警備員の負担軽減に寄与する。

このためC+ walk T発売に合わせ、国立競技場での警備に導入する。巡回業務での使用では、救急時の備えとなるAED(自動体外式除細動器)を装備するほか、盗難防止対策として位置情報提供システム「ココセコム」を搭載する。ICカードによるC+ walk Tの起動など、状況に適したセコム仕様のオプションも装備する。

今後、常駐警備員が行う巡回業務にC+ walk Tを活用し、高品質で効率的な警備を提供する。

《レスポンス編集部》
【画像】トヨタのパーソナルモビリティが国立競技場の警備で実用化(4枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース