【東京ショー2003出品車】ホンダ『IMAS』は自転車感覚の環境スポーツ

ホンダのハイブリッドシステム「IMA」をさらに改良し、2by2パッケージの軽量エアロダイナミクスボディに搭載したコンセプトモデル『IMAS』が目指すのは“自転車感覚”。

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ショー2003出品車】ホンダ『IMAS』は自転車感覚の環境スポーツ
  • 【東京ショー2003出品車】ホンダ『IMAS』は自転車感覚の環境スポーツ
  • 【東京ショー2003出品車】ホンダ『IMAS』は自転車感覚の環境スポーツ
ホンダのハイブリッドシステム「IMA」をさらに改良し、2by2パッケージの軽量エアロダイナミクスボディに搭載したコンセプトモデル『IMAS』が目指すのは“自転車感覚”。

アルミ骨格をむき出しにしたインテリアやインパネは、まさに自転車のロードレーサー的演出だ。静粛性が高くクリーンなIMA、風を切る感覚のボディ、軽快なハンドリングで、環境重視の時代におけるスポーツドライビングの新しいスタイルを提案する。

カーボンコンポジットなどの軽量素材で作られたボディは空力特性を追求したワンモーションフォルムで、Cd値はわずかに0.20。空力処理を高める一方で、現行モデルのハイブリッドカー『インサイト』に比べて風の流れを感じさせるような抑揚感のあるデザインだ。

車重は軽自動車並みの700kgと、複雑なシステムを持つハイブリッドカーとしてはきわめて軽い。10-15モード燃費は40km/リットル以上を記録する。

ドライブフィールも未来志向。フリクションのない「VGS」シャフトレスステアリング、ドライブbyワイヤーによるスロットルコントロールなど先進の電子制御技術が採用されている。

インパネは速度、回転数、IMA作動計などのほか、CCDカメラが映し出すサイド、リア情報も的確に表示する透過式超薄型パネル、ナビゲーションモニターが備えられ、車両、車外情報をリアルタイムに把握できる。環境重視のモデルもスポーティになりうるという示唆に富んでいるモデルだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集