新聞ウォッチニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

新聞ウォッチに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本経済新聞社 今日の株価
仏ルノー、ゴーン容疑者の会長職解任を見送った思惑は?[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

仏ルノー、ゴーン容疑者の会長職解任を見送った思惑は?[新聞ウォッチ]

仏自動車大手ルノーが、本社のパリで取締役会を開き、日本で起訴された会長兼CEOのカルロス・ゴーン容疑者の解任は見送り、留任を決めたという。

今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ]

2018年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれたという。6月の大阪北部地震に始まり、広島に本社工場を構えるマツダなどが稼働を一時休止したほどの被害を受けた西日本豪雨や、台風21号、さらに、北海道地震などの自然災害が相次いだことが大きな理由という。

自動車の減税「最大4500円減」のカラクリ---高級車は1000円減、軽は恩恵なし[新聞ウォッチ] 画像
自動車 社会

自動車の減税「最大4500円減」のカラクリ---高級車は1000円減、軽は恩恵なし[新聞ウォッチ]

「ゴーン逮捕劇」に振り回されているうちに、自動車ユーザーに影響を与える2019年度の税制見直しの大枠が固まってしまったようだ。自民、公明両党の税制調査会が、与党税制協議会を開いて、2019年度改正に向けた調整を行い、大筋で合意したという。

激震から3週間…ゴーン容疑者ら再逮捕、法人として日産も起訴[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

激震から3週間…ゴーン容疑者ら再逮捕、法人として日産も起訴[新聞ウォッチ]

東京地検特捜部が、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者と側近の前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者を起訴、再逮捕したことで、これからは日本の法廷で裁かれることになった。

日産、ブレーキ検査など新たな不正発覚でリコール検討[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

日産、ブレーキ検査など新たな不正発覚でリコール検討[新聞ウォッチ]

「ゴーン逮捕」で揺れ動く日産自動車が、新車出荷前に行う完成検査で、ブレーキなどに関する新たな不正事案が見つかったという。日産では事態を重くみて、不正の対象車種や製造期間を精査したうえで、来週にもリコール(回収・無償修理)に踏み切る方針

JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ」めぐる賛否ヒートアップ[新聞ウォッチ] 画像
モータースポーツ/エンタメ

JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ」めぐる賛否ヒートアップ[新聞ウォッチ]

「高輪ゲートウェイ」。山手線と京浜東北線の品川-田町間にできる新駅の名称だが、その新駅名の賛否をめぐる論争がヒートアップしているという。

11月のスバル新車販売、米市場は過去最高、国内は相次ぐ不正で苦戦[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

11月のスバル新車販売、米市場は過去最高、国内は相次ぐ不正で苦戦[新聞ウォッチ]

日本の自動車メーカーが、11月の米新車販売台数を発表した。6社のうち、SUBARU(スバル)を除く5社が前年実績を下回り、6社の合計は前年同月比6.6%減の50万6600台。

ゴーン容疑者直近3年も過少記載疑惑、勾留期限の12月10日にも再逮捕へ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

ゴーン容疑者直近3年も過少記載疑惑、勾留期限の12月10日にも再逮捕へ[新聞ウォッチ]

今年話題になった流行語大賞に「そだねー」が選ばれたが、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の逮捕がもう少し早い時期であれば「ゴーン・ショック」とか「高額報酬」などがノミネートされたのではないだろうか。

セレブ生活から一転、勾留延長のゴーン容疑者「拘置所は寒い」とも[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

セレブ生活から一転、勾留延長のゴーン容疑者「拘置所は寒い」とも[新聞ウォッチ]

「カルロス・ゴーン逮捕劇」から2週間。ようやく1面からはその関連のニュースが消えたが、社会面では10日間の勾留延長が決まり、相変わらず続報を取り上げている。

日産・ルノー主導権争い、マクロン仏大統領が安倍首相に面会要請[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

日産・ルノー主導権争い、マクロン仏大統領が安倍首相に面会要請[新聞ウォッチ]

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕されたことを受け、日産と、仏ルノー、三菱自動車の「3社連合」のトップが、「ゴーン後」の提携のあり方などを協議する会合が開かれた。

あきれたゴーン流高額報酬隠し「社員の労働意欲を考慮」[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

あきれたゴーン流高額報酬隠し「社員の労働意欲を考慮」[新聞ウォッチ]

まるで”ゴーン通信”と呼んだほうがよさそうだが、きょうの各紙も日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者による役員報酬の過少記載事件関連のニュースが際立つ。

ゴーンショック?! トヨタ初の生え抜き女性役員お披露目にも影響[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

ゴーンショック?! トヨタ初の生え抜き女性役員お披露目にも影響[新聞ウォッチ]

トヨタ自動車がレクサスの小型SUVの新型車「UX」の発表会を東京・日比谷の東京ミッドタウン内で開催。生え抜きの女性で初めてトヨタの執行役員に就任し、その車両開発の責任者を務めた加古慈常務役員が車両説明を行った。

益子CEO「苦渋の決断」、三菱自動車もゴーン会長解任[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

益子CEO「苦渋の決断」、三菱自動車もゴーン会長解任[新聞ウォッチ]

カルロス・ゴーン容疑者の代表取締役と会長職の解任を全会一致で決定した三菱自動車。臨時の取締役会終了後、記者団の取材に応じた益子修CEOは「苦渋の決断だった」と語ったという。

ゴーン容疑者の“逆襲” 逮捕から1週間、黙秘せずに容疑を否認[新聞ウォッチ] 画像
モータースポーツ/エンタメ

ゴーン容疑者の“逆襲” 逮捕から1週間、黙秘せずに容疑を否認[新聞ウォッチ]

日産自動車のカルロス・ゴーン前代表取締役会長が逮捕されてから1週間を迎えたが、ゴーン容疑者が、東京地検特捜部の調べに、虚偽の内容を記載するつもりはなかったなどとして容疑を否認しているという。

ゴーン容疑者、逮捕前に日産・ルノー統合を水面下で画策[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

ゴーン容疑者、逮捕前に日産・ルノー統合を水面下で画策[新聞ウォッチ]

「ルノーとの統合計画」をゴーン容疑者が、逮捕前に画策していたというが外電である。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の電子版が関係者の話として報じたもので、11月21日夕刊などで各紙も取り上げている。

叩けば出るゴーン会長の“ホコリ”…社費で4か国に豪華私邸、部下の役員報酬ピンハネも?[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

叩けば出るゴーン会長の“ホコリ”…社費で4か国に豪華私邸、部下の役員報酬ピンハネも?[新聞ウォッチ]

何とも驚くばかりである。叩けばホコリが出るというように、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン会長の長きにわたる金銭欲にからむ悪事が次々に発覚している。

長過ぎた “賞味期限切れ” 日産ゴーン会長衝撃の逮捕劇[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

長過ぎた “賞味期限切れ” 日産ゴーン会長衝撃の逮捕劇[新聞ウォッチ]

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部が、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑でゴーン氏を逮捕した。

国産のオープンカーで新天皇パレードへ、旧式ロールスロイス走行不能で[新聞ウォッチ] 画像
モータースポーツ/エンタメ

国産のオープンカーで新天皇パレードへ、旧式ロールスロイス走行不能で[新聞ウォッチ]

新しい天皇・皇后両陛下が国民の祝福を受けるパレードが予定されているが、そのパレードに使われるオープンカーについて、政府は、国内の自動車メーカーに新たに発注する方針を固めたという

2018年9月中間決算総括---トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自の4社が増収増益、スバルは大幅減益[新聞ウォッチ] 画像
モータースポーツ/エンタメ

2018年9月中間決算総括---トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自の4社が増収増益、スバルは大幅減益[新聞ウォッチ]

国内の自動車メーカー大手7社の2018年9月中間の連結決算が出そろった。売上高はトヨタ自動車、ホンダ、スズキ、マツダ、三菱自動車の5社が増収。営業利益では、トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自動車の4社が増益となった。

日産が200億円申告漏れ、国税当局指摘と“解釈の相違”で係争も[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

日産が200億円申告漏れ、国税当局指摘と“解釈の相違”で係争も[新聞ウォッチ]

東京国税局の税務調査を受けていた日産自動車が、タックスヘイブン(租税回避地)の子会社を巡って2017年3月期の税務申告で200億円強の申告漏れを指摘されていたという。

トヨタが今期売上高30兆円目前、危機感と背中合わせの過去最高更新へ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

トヨタが今期売上高30兆円目前、危機感と背中合わせの過去最高更新へ[新聞ウォッチ]

売上高が前年同期比3.4%増の14兆6740億円、最終利益が16.0%増の1兆2423億円という好決算となったトヨタ自動車の2018年9月中間連結決算。このうち、売上高は中間決算としては、過去最高を更新したという。

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「完成検査問題は今回が最後」と”打ち止め”宣言[新聞ウォッチ]

スバルは新たに国土交通省に約10万台のリコールを届け出ると発表。不正が今年10月まで続いていたことが判明した。燃費・排ガスデータの改ざんなど昨秋以降相次ぎ発覚した検査不正に関わるリコールは4回目で計約53万台に膨らんだことになる。

「イモビライザー」普及で自動車盗が減少、59年ぶり年間1万件割れ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

「イモビライザー」普及で自動車盗が減少、59年ぶり年間1万件割れ[新聞ウォッチ]

自動車盗の被害が減少を続けているそうだ。警察庁の調べでは、2018年1~9月に全国の警察が認知した被害は昨年同期より1101件少ない6641件(暫定値)で、データのある1954年以降、59年ぶりに年間1万件を下回る見込みという。

「自動運転」や「自動ブレーキ」は“禁止”用語に…国とメーカーが自粛へ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 テクノロジー

「自動運転」や「自動ブレーキ」は“禁止”用語に…国とメーカーが自粛へ[新聞ウォッチ]

誤解を招きかねない恐れもあるにもかかわらず、これまでひんぱんにアピールをしていた「自動運転」や「自動ブレーキ」などという言葉を、これからは安易に使えなくなるそうだ。

TPP6か国先行で12月30日発効---自動車はカナダ向け関税5年目ゼロなど[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

TPP6か国先行で12月30日発効---自動車はカナダ向け関税5年目ゼロなど[新聞ウォッチ]

米国を除く11か国による環太平洋連携協定(TPP)が12月30日に発効することになった。自動車輸出が多い日本には有利になるほか、農産物の関税が引き下げられれば、日本の消費者にとっては輸入食品などが安く手に入るメリットもある。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 135