三菱重工業に関するニュースまとめ一覧(18 ページ目)

関連インデックス
三菱自動車 三菱航空機 三菱商事 IHI エアバス SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業) ボーイング ホンダジェット
三菱重工、B787向け複合材主翼の増産体制整う 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、B787向け複合材主翼の増産体制整う

三菱重工業は、米国ボーイングの最新鋭中型ジェット旅客機「787」向け複合材主翼を成形するオートクレーブ(複合材硬化炉)の2号炉を名古屋航空宇宙システム製作所の複合材工場(名古屋市港区)に導入すると発表した。

三菱重工、放射性廃棄物の貯蔵設備を納入へ 福島原発 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、放射性廃棄物の貯蔵設備を納入へ 福島原発

三菱重工業は、東京電力福島第一原子力発電所の滞留する水処理過程で発生する放射性廃棄物(廃スラッジ)を一時保管する貯蔵設備を納入するため、現地で据付工事を開始したと発表した。

三菱重工、インドに原動機事業の統括会社を設立 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、インドに原動機事業の統括会社を設立

三菱重工業は11月1日付で、インドに原動機事業の地域統括会社「ミツビシ・パワー・システム・インディア」(MPSインディア)を設立、営業を開始すると発表した。

三菱重工、低炭素社会に考慮した冷凍ユニットを発売 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、低炭素社会に考慮した冷凍ユニットを発売

三菱重工業は、陸上輸送用冷凍ユニット「陸上レフユニット」に2モデルを新規投入し、2012年4月から順次販売を開始する。

三菱重工大宮社長、防衛関係情報流出を否定 画像
自動車 ビジネス

三菱重工大宮社長、防衛関係情報流出を否定

三菱重工業の大宮英明社長は25日夜、経済産業省が主催する「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)の会合に出席。

【ITS世界会議11】東南アジア・中東で課金システムを展開…三菱重工 画像
自動車 テクノロジー

【ITS世界会議11】東南アジア・中東で課金システムを展開…三菱重工

ETCシステムで日本はもとよりアジアや中東で積極的な展開を見せているのが三菱重工だ。会場ではアブダビ(UAE)でのEVマネジメントシステムや、シンガポールでのGPSを使った課金システムへの参画について説明が行われた。

トラックの2室を異なる温度で管理 三菱重工が効率的な冷凍ユニットを開発 画像
自動車 ニューモデル

トラックの2室を異なる温度で管理 三菱重工が効率的な冷凍ユニットを開発

三菱重工業は、陸上輸送用冷凍ユニット「陸上レフユニット」に、温度設定の異なる2室の温度調節をすべてヒートポンプ運転で可能にした新モデルを開発したと発表した。

三菱重工、CO2排出量を25%削減するばら積み運搬船を開発 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、CO2排出量を25%削減するばら積み運搬船を開発

三菱重工業は、CO2排出量を従来船に比べ約25%削減できる新型ばら積み運搬船を開発した。

三菱重工パーキング、EV充電機能を持つ地下式立体駐車場を連続受注 画像
自動車 ビジネス

三菱重工パーキング、EV充電機能を持つ地下式立体駐車場を連続受注

三菱重工業の立体駐車場子会社三菱重工パーキングは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を充電できる地下式立体駐車場『プラグ・イン・プレストパーク』を連続で受注したと発表した。

三菱重工、新型エアバス用エンジンの開発に参画…燃焼機など 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、新型エアバス用エンジンの開発に参画…燃焼機など

三菱重工業は、エアバスが2015年の就航を目指す中小型民間輸送機「A320neo」に搭載する次世代エンジン「PW1100G-JM」の開発に参画すると発表した。

航空自衛隊向け戦闘機 F-2 最終号機を引き渡し 画像
自動車 ビジネス

航空自衛隊向け戦闘機 F-2 最終号機を引き渡し

三菱重工業は、航空自衛隊向け戦闘機『F-2』の最終号機を完成し、27日に防衛省への引き渡しを行った。同戦闘機は、2000年9月の量産初号機以来累計94機(試作機含め98機)が納入されている。

環境配慮のスマート立体駐車場 三菱重工パーキングが開発 画像
自動車 ビジネス

環境配慮のスマート立体駐車場 三菱重工パーキングが開発

三菱重工パーキングは20日、待ち時間を最大30%短縮、使用電力を約30%削減したエレベーター式立体駐車場「スマートリフトパーク」を開発、10月1日から販売を開始すると発表した。

【新聞ウォッチ】秋の連休返上…三菱重工にサイバー攻撃、ゴーン社長は野田首相に注文、スズキはVW対策に苦慮 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】秋の連休返上…三菱重工にサイバー攻撃、ゴーン社長は野田首相に注文、スズキはVW対策に苦慮

秋の大型連休を「シルバーウィーク」と呼ぶそうだ。その前半の3連休が終わったが、のんびりと行楽の秋を楽しんでばかりはいられない。三菱重工業がサイバー攻撃を受けパソコンがウイルス感染。

原発輸出、業界の主要企業が行動原則を策定 画像
自動車 ビジネス

原発輸出、業界の主要企業が行動原則を策定

日立GEニュークリア・エナジー、三菱重工業、東芝など、原子力発電施設に関わる世界の主要企業は9月15日(米国時間)、原子力発電施設の輸出に関して、自主的な行動原則を策定して発表した。

H-IIAロケット19号機の打ち上げを延期 画像
自動車 ビジネス

H-IIAロケット19号機の打ち上げを延期

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は、「H-IIA」ロケット19号機(情報収集衛星光学4号機)の射場整備作業期間中に、「指令破壊受信機(CDR)の電子部品の使い方に誤りがある」という設計不良が確認されたため、打上げ延期を決定した。

三菱重工とタタ、インドでのスマートコミュニティ構築事業で協力 画像
自動車 ビジネス

三菱重工とタタ、インドでのスマートコミュニティ構築事業で協力

三菱重工業は、インドのデリー・ムンバイ間産業大動脈構想「DMIC」について、同社がコンソーシアムリーダーとして推進するスマートコミュニティ(環境配慮型都市)構築事業で、タタ・グループと共同でフィージビリティ・スタデイ(事業可能性調査)を実施する。

【新聞ウォッチ】キーマンが明かす「日立・三菱重工統合」報道の真相 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】キーマンが明かす「日立・三菱重工統合」報道の真相

夏にはお化けの話題が付きものだが、日立製作所と三菱重工業の「経営統合」のスクープ?報道は一体どうなっているのか。三菱重工の大宮英明社長が毎日の単独インタビューに応じている。

【新聞ウォッチ】全面否定された「日立と三菱重工の経営統合」 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】全面否定された「日立と三菱重工の経営統合」

日経本紙の4日付朝刊で、日立製作所と三菱重工業が経営統合に向けた協議を進めているとのビッグニュースが流れたが、しかし、両社の公式コメントは全面否定だった。

【新聞ウォッチ】日立と三菱重工が経営統合、トヨタに次ぐ巨大企業誕生へ 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】日立と三菱重工が経営統合、トヨタに次ぐ巨大企業誕生へ

日立製作所と三菱重工業が経営統合へ向け協議を始めることで基本合意したという。きょうの日経が1面トップでスクープ報道している。

三菱重工のアンテナ分離型ETC車載器…上質と使いやすさを追求 画像
自動車 テクノロジー

三菱重工のアンテナ分離型ETC車載器…上質と使いやすさを追求

三菱重工業は、アンテナ分離型のETC車載器『MOBE-600』を8月5日に発売する。新製品は人気を博したMOBE-550の後継機種。多彩な機能を維持しながら「上質」と「使いやすさ」にこだわったのが特徴。

三菱重工、加圧水型軽水炉原子力発電所の安全対策への対応を強化 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、加圧水型軽水炉原子力発電所の安全対策への対応を強化

三菱重工業は、8月1日付で「安全高度化対策推進室」を原子力事業本部内(神戸)に新設し、西日本の電力会社で採用が多い加圧水型軽水炉(PWR)を使用した原子力発電所の安全対策への対応を強化すると発表した。

太陽光発電と蓄電池を搭載した自動車運搬船、来年6月竣工 画像
自動車 ビジネス

太陽光発電と蓄電池を搭載した自動車運搬船、来年6月竣工

三洋電機は、2010年1月から商船三井、三菱重工業とともに研究開発を進めてきた「自然エネルギーを利用したハイブリッド自動車船」の外観デザインと基本設計が終了した、と発表した。この船は2012年6月に三菱重工の神戸造船所で竣工する。

【夏休み】三菱こども科学フェスティバル…ものづくりを体感 画像
自動車 ビジネス

【夏休み】三菱こども科学フェスティバル…ものづくりを体感

 三菱みなとみらい技術館は6月29日、「夏休みこども科学フェスティバル」の開催について発表した。

風力発電の特許ランキング…トップはENERCON創業者、2位に三菱重工 画像
自動車 ビジネス

風力発電の特許ランキング…トップはENERCON創業者、2位に三菱重工

パテント・リザルトは27日、風力発電関連の特許を独自に集計した「総合力ランキング」を発表。ランキング1位は、風力発電世界シェア4位のドイツ・ENERCON創業者Aloys,WOBBEN氏だった。個人名義での出願で、ランキングでは圧倒的1位。

三菱重工、コンテナ型大容量蓄電システムを開発…マイクログリッドの実証試験 画像
エコカー

三菱重工、コンテナ型大容量蓄電システムを開発…マイクログリッドの実証試験

三菱重工業は16日、リチウムイオン二次電池を搭載した国内初のコンテナ型大容量蓄電システム(ESS)を開発したと発表。実証機を長崎造船所内に設置し、商品化に向けた電力安定化実証試験を7月初旬に開始する。

    先頭 << 前 < 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 18 of 27