テクノロジーのニュース記事一覧 | 船舶 | レスポンス(Response.jp)

船舶 テクノロジーニュース記事一覧

アストンマーティンの潜水艇、最終デザインを発表…水深500mまで潜水可能 画像
自動車 ビジネス

アストンマーティンの潜水艇、最終デザインを発表…水深500mまで潜水可能

アストンマーティンは、トリトン・サブマリーンズ社と共同開発を進めている潜水艇の最終デザインを発表した。

洋上の迎賓館を東京湾で見た…ヤマハ イグザルト43[詳細画像] 画像
船舶

洋上の迎賓館を東京湾で見た…ヤマハ イグザルト43[詳細画像]

“洋上の迎賓館”、ヤマハのプレミアムボート『EXULT43(イグザルト43)』の航行写真。ヤマハ発動機は3月15日、ザ・クルーズクラブ東京を起終点に試乗会を開催した。値段は1億4700万円からで、ヤマハ発動機全商品の中で最高金額である。

パナソニック子会社、バラスト水処理設備で年商100億円目指す…SEA JAPAN2018 画像
船舶

パナソニック子会社、バラスト水処理設備で年商100億円目指す…SEA JAPAN2018

パナソニックの子会社、パナソニック環境エンジニアリングは開催された「SEA JAPAN2018」(11~13日、東京ビッグサイト)に、2017年に発売したバラスト水処理設備「ATPS-BLUEsys」を展示。5年後の2022年に年商100億円を目指すという。

潜水艇 しんかい6500 と支援母船 よこすか を一般公開[詳細画像] 画像
船舶

潜水艇 しんかい6500 と支援母船 よこすか を一般公開[詳細画像]

JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の研究船「よこすか」および「しんかい6500」が13日に東京の有明西埠頭で一般公開された。

ロボットで海底マッピング…XPRIZE参加のTeam KUROSHIOがクラウドファンディング 画像
船舶

ロボットで海底マッピング…XPRIZE参加のTeam KUROSHIOがクラウドファンディング

海中ロボットなどを用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目標とする海底探査技術の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」に挑戦している「Team KUROSHIO」は、4月からクラウドファンディングを通じて支援金の募集を開始した。

ヤンマーなど、FC船の実船試験を実施 観光船などへの実用化を目指す 画像
船舶

ヤンマーなど、FC船の実船試験を実施 観光船などへの実用化を目指す

ヤンマーは、燃料電池システムを搭載した 水素燃料電池船の実船試験を2月から3月にかけて実施した。

お値段1億5000万円の超高級ボート『イグザルト43』に試乗! 「洋上の迎賓館」の乗り心地 画像
船舶

お値段1億5000万円の超高級ボート『イグザルト43』に試乗! 「洋上の迎賓館」の乗り心地

ヤマハ発動機は15日、ザ・クルーズクラブ東京にてプレミアムボート『EXULT43(イグザルト43)』の試乗会を開催した。『イグザルト43』は同社が展開するプレミアムボートシリーズのフラッグシップモデル。お値段はなんと1億4700万円!

6800台を輸送できる次世代自動車船が竣工 商船三井 画像
自動車 ビジネス

6800台を輸送できる次世代自動車船が竣工 商船三井

商船三井はが、南日本造船で建造していた小型車換算で6800台を輸送できる次世代型自動車船「FLEXIE」シリーズの1番船「BELUGA ACE」を3月15日に竣工した。

水上飛行機用も!! ボート昇降装置を手掛ける日本ホイスト…ジャパンボートショー2018 画像
船舶

水上飛行機用も!! ボート昇降装置を手掛ける日本ホイスト…ジャパンボートショー2018

マリーナのボート用の昇降装置を手掛ける日本ホイストも、ジャパンボートショー2018にブースを構えていた。

乗り物の進化では当然? ヤンマーのサスペンションボート…ジャパンボートショー2018 画像
船舶

乗り物の進化では当然? ヤンマーのサスペンションボート…ジャパンボートショー2018

ジャパンインターナショナルボートショー、ヤンマーのブースではサスペンションボートが来場者の注目を集めていた。ボートが大きな波を超えるときに、ボート船体や乗員が受けるダメージを減らす、次世代の技術である。

3100hp、メルセデスAMG プロジェクトワン仕様のパワーボート発表 画像
自動車 ビジネス

3100hp、メルセデスAMG プロジェクトワン仕様のパワーボート発表

メルセデスベンツAMGとシガレットレーシング社は、米国で開催中のマイアミ国際ボートショーにおいて、メルセデス『AMGプロジェクトワン』をモチーフとしたパワーボート、『シガレットレーシング 515 プロジェクトワン』を共同発表した。

ヤマハのスポーツボート、引き波を発生させる機構を採用…ウェイク系マリンスポーツ向け 画像
船舶

ヤマハのスポーツボート、引き波を発生させる機構を採用…ウェイク系マリンスポーツ向け

ヤマハ発動機は、スポーツボートの2018年モデルとして全8モデルを2018年1月11日から発売すると発表した。

プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載…コンセプトモデル発表 画像
モータースポーツ/エンタメ

プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載…コンセプトモデル発表

プジョーは12月2日、フランスで開幕したパリボートショー2017において、『シー・ドライブ・コンセプト』を発表した。

大型船のスクリューもCFRPの時代…三菱ケミカル【先端材料技術展2017】 画像
船舶

大型船のスクリューもCFRPの時代…三菱ケミカル【先端材料技術展2017】

航空機やクルマの分野では採用が進むCFRP。しかし船舶、それも大型船舶となるとそもそも全てが大きく重く、頑強な作り。あまり軽量化を考えているとは想像できない。

海でも自動運航…早期実用化に向けロードマップ、国交省が策定へ 画像
船舶

海でも自動運航…早期実用化に向けロードマップ、国交省が策定へ

国土交通省は、自動運航船の実用化に向けてロードマップ策定のための議論を開始すると発表した。

【東京モーターショー2017】地球上に遊び場はいくらでもある、と実感…BRP 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】地球上に遊び場はいくらでもある、と実感…BRP

「地球上のあらゆるシーンを“Play Ground=遊び場にする”」をテーマに展開しているのが、迫力ある3輪モーターサイクルCan-Am『Spyder』やスノーモービル「Ski-Doo」、ウォータークラフト「Sea-Doo」を展示しているBRPジャパンの東京モーターショー・ブースだ。

【危機管理産業展2017】浜松のバイクシートメーカー、救助用ゴムボートを展示…穴があいても沈まない 画像
自動車 ビジネス

【危機管理産業展2017】浜松のバイクシートメーカー、救助用ゴムボートを展示…穴があいても沈まない

静岡県浜松市に本社を構える浜口ウレタンは「危機管理産業展2017」(10月11~13日、東京ビッグサイト)に救助用ゴムボートを展示した。製品名は「ウレタン注入ボート」で、外皮のゴムに穴があいても沈まないそうだ。

ヤマハ発動機、除草剤散布用無人ボートにジャイロを搭載 2018年モデル 画像
船舶

ヤマハ発動機、除草剤散布用無人ボートにジャイロを搭載 2018年モデル

ヤマハ発動機は、遠隔操作できる除草剤散布用無人ボート『ウォーターストライダー』の2018年モデルを10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」に参考出品する。

ドイツの空飛ぶ自動運転タクシー、初フライトに成功[動画] 画像
船舶

ドイツの空飛ぶ自動運転タクシー、初フライトに成功[動画]

ドイツのボロコプター社(Volocopter)は、空飛ぶ自動運転タクシーの初のフライトテストの様子を、公式サイトを通じて公開した。

アストンマーティン、潜水艇事業に進出…米社と提携 画像
自動車 ニューモデル

アストンマーティン、潜水艇事業に進出…米社と提携

アストンマーティンは9月28日、潜水艇メーカーのトリトン・サブマリーンズ(※)社と、製品開発に関して業務提携を結んだと発表した。

オリックスレンタカー、舞鶴港でPHEVのレンタル開始…エコ・エネルギーポート化事業第1号 画像
自動車 ビジネス

オリックスレンタカー、舞鶴港でPHEVのレンタル開始…エコ・エネルギーポート化事業第1号

オリックス自動車と、オリックスレンタカーFC事業を京都府と福井県を中心に展開するレンタカーパートナーズは、京都府が推進する「京都舞鶴港のエコ・エネルギーポート化」の第1号事業としてトヨタ『プリウス PHV』のレンタルを9月15日より開始した。

トヨタ、燃料電池船の世界一周を支援…FCVの ミライ など8台を提供 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、燃料電池船の世界一周を支援…FCVの ミライ など8台を提供

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは8月24日、水素燃料船「エナジー・オブザーバー」号を支援すると発表した。燃料電池車の『MIRAI』(ミライ)をいち早く市販したトヨタが、エナジー・オブザーバーによる世界一周航海を支援する。

ヤマハ発動機、軽量・コンパクト設計の4ストローク船外機を販売 画像
船舶

ヤマハ発動機、軽量・コンパクト設計の4ストローク船外機を販売

ヤマハ発動機は、80馬力の4ストローク船外機「F80D」を、9月1日から発売すると発表した。

船の自動運転のルールを整備へ…国際海事機関が検討開始 画像
船舶

船の自動運転のルールを整備へ…国際海事機関が検討開始

国土交通省は、国際海事機関(IMO)が自動運航船の安全に関する検討を開始を決定したと発表した。

東京海洋大、船の最先端技術を紹介…体験航海のチャンス 7月8~9日 画像
船舶

東京海洋大、船の最先端技術を紹介…体験航海のチャンス 7月8~9日

 東京海洋大学は7月8日と9日の2日間、公開講座「船のエンジンの話」を開講する。船に関する最先端技術について、大学で取り組まれる研究などを紹介する講義や体験航海を実施。対象は高校生以上、定員は40名。受講料は7,500円(税込)なお、高校生は3,900円(税込)。

    1 2 3 4 5 > 次
Page 1 of 5